.

ローンした際、お金を返す時には利率を上乗せした支払いになるのは誰もが知っていると思います。

キャッシング会社は営利をターゲットにした企業ですから当たり前です。

とは言ってもお金を支払う方は、少しでも少なく返したいというのが内心でしょう。

利息制限法が施行される一世代前は、年間30%近い利率を払っていましたが、設けられてからは高額でも18%位ととっても低く定められていますので、かなりお得になったと思います。

最近のキャッシングの利息幅は4%位から18%位の間に定められていて、利用可能額により設定されます。

利用可能額は申込者の査定によって左右されます。

総量制限により年収の1/3までと定められていますので、一年の収入がどれくらいあるのか?どういう職業なのか?クレジットの利用状況はどうなのか?等が調査され与信金額としてキャッシングの内容が決まるのです。

カードを使ったキャッシングの場合利用できる金額が10万円〜800万円(各企業でサービスは同じではありません)と広い幅があります。

こうしてその範囲の中で定めた利用できる金額により利率も決まります。

50万円なら年率18%、300万円なら年間12%、800万円なら年率4%といった具合になるでしょう。

結局、信用度が上がれば、与信限度額も良くなり、利息も下がります。

この利息に疑念を感じるのは私しだけでしょうか?金融会社にとって、それらの事実は問題がない事のはずですが、一年の収入の良い人がお金の借入れが不可欠と思えませんし、仮にローンサービスを利用したとしても金利が良かろうが悪かろうが支払いに悩む事はないのです。

反って一年の収入の低い人は直ちに必要なので融資を受けるという方が多く、利息が良くないと支払いに追われるなるはずです。

ですから使用可能幅の小さい人こそ低利息で利用できるようにする必要があるのではないでしょうか。

この見方は使う自分が置かれている立場としての意見です。

これらを考慮すると、利子を安くする為にはどうするべきか漠然と感じたと思います。

現にこれから記述方法で、申請する人がほとんどなので説明しますと、クレジットカードの申請をする場合、収入の1/3ぎりぎりの利用限度額まで申込みの手続きをするのです。

年収600万円なら200万円。

年収900万円なら300万円でこのカードローン審査で全額通ればそれだけ利息が安いクレジットカードを手に入れることができるはずです。

とは言っても上限ギリギリまでキャッシングしなければいけないという事はありません。

1万円でも30万円でも必要な分だけの使用できます。

そして最高利用可能額が300万円で最低金利7%位のローン企業も存在しますので、その企業に手続きを申し込めばその企業の最低利率で使用できるようになるはずです。

どうですか?見方を変えるだけで低利子のクレジットカードを持つことが出来るはずです。

自分自身の収入と金融会社の設定を比べて、考える事に時間を割けば、より満足できる状況で返済ができるので、面倒だと思わず確認するようにしなければなりません。